熊本地震により被災された皆さま、関係者の方々には心よりお見舞い申し上げます.被災地の皆さまのご無事と一日も早い復興をお祈り申し上げます.第28回日本ハンドセラピィ学会学術集会時に熊本地震への募金をして下さった方々にも御礼申し上げます.責任をもって現地に送らせて頂きます.
 今回の地震により事前申し込みをして頂いていたにもかかわらず本学術集会へご参加できなかった方々には払い戻しを検討させて頂いております.是非ともご連絡いただければ幸いに存じます.

 

 このたび,2016年4月23日(土)24日(日)に,広島市中区のJMSアステールプラザにて第28回日本ハンドセラピィ学会学術集会を開催致しました.医師13名を含めた570名の皆様にご参集いただき,無事終了することができました.これもひとえに本学会顧問・理事・監事の方々,会員の皆様,ご参加いただきました皆様,さらにご支援・ご協力いただきました協賛企業の皆様,そして準備から格別のご高配を賜りました第59回日本手外科学会学術集会会長 水関隆也先生,一般社団法人日本手外科学会理事長矢島弘嗣先生をはじめ,日本手外科学会の先生方のお蔭と心より御礼申し上げます.  
 今回は,「セラピストの使命―EBMの構築に向けて-」をテーマとし,矢島弘嗣先生(一般社団法人日本手外科学会理事長,市立奈良病院院長),阿部宗昭先生(一般社団法人日本ハンドセラピィ学会顧問,春秋会城山病院,大阪医科大学名誉教授)の2人の先生方にご講演いただきました.矢島弘嗣先生には橈骨遠位端骨折のEBM,橈骨遠位端骨折の分類やガイドライン、最新の手術法,握力測定時期なども詳しくご教授いただきました.阿部宗昭先生にはセラピストが陥りやすいピットホールや心のこもった後療法の重要性,ハンドセラピスト認定制度の問題点など手外科医の先生からの視点がよくわかり大変,勉強になりました.肝に銘じていきたいと思っております. 本学術集会の準備・開催にあたりまして,講師,シンポジスト,座長を快く引き受けて下さった先生方はもとより,後押しして下さった日学会の役員・関係者の先生方,査読作業をして下さったり心配してご連絡を下さったり相談に快く乗って下さった方々,本当に感謝申し上げます.
 シンポジウムでは9人のシンポジストの方々に無理を言って難しい演題をお願いいたしました.
座長をして下さった大山峰生,阿部薫先生,本当にありがとうございました.難しいセッションをわかりやすく未来に繋がるまとめをして頂き感銘を受けました.一般演題はたくさんの思いがつまった52演題に活発なご討議がされました.発表,座長をして下さったセラピストの方々,本当にありがとうございました.
 国際企画Meet the Exrerienceでは貴重な経験を論じて下さいました.実践セミナーでは深い研究や臨床から生まれた技術やノウハウを惜しげもなくご披露いただきました講師の先生方,本当にありがとうございました.何よりこの学術集会に足を運んで下さり活発なディスカッションをして下さった皆様方に心より厚く御礼を申し上げます.本当にありがとうございました.
 シンポジウムでありましたようにハンドセラピィのEBMはまだ十分とはいえません.保険診療制度の世界ではこの構築が急務です.また個々に患者さんの思いを理解し心配し全力で支えることも重要です.これはハンドセラピストだからできることです。どのような状況でも「このセラピストに会って良かった」と思って頂けるようなセラピィの実践,つまりは患者さんを笑顔にすることがハンドセラピストの使命だと思っております.本学術集会が患者様に根拠をはじめ理念と誇りを持ってセラピィを行わせて頂く一助になり,進むべき道のあかりになれば幸いに存じます.セラピストが手外科医の先生方からのご期待に応え,また患者さんに創意工夫し,心を込めたセラピィを行えているか考える一助にこの学術集会がなっていればスタッフ一同,嬉しく思います.
 最後になりましたが,運営委員の先生方,本当にありがとうございました. そして頼りない私を日常の業務の傍ら,2年間,膨大な準備・実行をすすめて下さった第28回学術集会実行委員の 池嶋香OTR,池本和子OTR,岩井有香OTR,内海奈那子OTR,越後歩OTR,落合和也OTR,川原薫OTR,櫛田里恵OTR,高橋里奈OTR,谷村浩子OTR,田村裕子OTR,辻陽平OTR,遠近太郎OTR,端野加織OTR,堀内はるかOTR,松下卓也OTR,松原麻子OTR,吉廻邦彦OTRそして3役・和田竜平学会場リーダー,藤目智博運営委員長,蓬莱谷耕士実行委員長に深く感謝申し上げます。私は実力がありませんが運を持っていることが証明できました.それは最高・最強のスタッフに恵まれたことです.本当にありがとうございました.  
 第29回日本ハンドセラピィ学会学術集会は,平成29年4月28日(金) 29日(土)に,名古屋国際会議場(名古屋市)にて,茶木正樹氏(中日病院 )により開催されます.テーマは「ハンドセラピィにおけるパフォーマンスの獲得―評価・分析への一考察―」です.どうぞ名古屋の地に,再び多くの皆様のご参集を賜りますことをよろしくお願い申し上げます.    
 末筆ながら,皆々様の益々のご発展を祈念いたします.

 

 

お問い合わせ

第28回日本ハンドセラピィ学会

 学術集会事務局

 

メールを送信します

 

ー 事 務 局 ー

医療法人仙養会 北摂総合病院

リハビリテーション科

作業療法室


 ー 事 務 局 長 ー 

北摂総合病院

蓬莱谷耕士